大推薦!全く新しいコンセプトによるダイエット法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ダイエットは食事から

ダイエット成功のポイントは食事です。以前にも同じようなタイトルで記事を投稿してますが、ダイエットをテーマとしている以上、最重要なポイントとなりますので、あらためて食事について述べてみたいと思います。

ダイエットに挑戦しても、続かずに失敗に終わる人が多いと思います。主食や間食など食事を一から考え直すことが、ダイエットの最初のとっかかりになるといえるでしょう。病気にならない体を作り、ダイエットを成功させるためにも、食事を考え直すことが効果的です。

何故太るのでしょうか。
太る原因は食べ過ぎと、食事のバランスの悪さです。この他に体重が増加する理由に、体を動かさないため使うエネルギーが少なすぎることがあります。ダイエットを成功させるためには、毎日ある程度は体を動かすべきですが、運動だけにこだわらずとも、ダイエットをやり遂げるには食事改善を心がけることも大事です。食事について考えないままでは、ダイエットをうまくやり遂げることはできません。

ではどのようにダイエットと食事のバランスを考えればよいのでしょうか。
どのような栄養素を摂取するかを考えずに食事量だけをひたすら減らすダイエットをしていては、健康の維持すらおぼつかなくなってしまいます。
健康を維持するためには、体の元となるタンパク質やエネルギーとなる脂質などはどうしても必要です。いくらダイエット中といっても、体の諸機能は正常に働いてもらわなければならないので、ビタミンやミネラルは摂取する必要があります。糖質を50%、タンパク質30%、脂質20%というバランスの食事が理想ですが、その他野菜や海藻、きのこ類はできるだけたくさん摂るように心がけることがダイエット食事のポイントです。



【PR】
【完全無料】世界初!飲む水晶サプリ活性珪素水溶液【リンクスモール】






スポンサーサイト
ダイエットと食事 | 2010-10-31(Sun) 21:51:43 | トラックバック(-) | コメント(-)

基礎代謝とダイエットの関係について

これまでの話しからわかる通り、基礎代謝量の多い体質に改善することがダイエット成功の鍵となります。

基礎代謝量は、人間の一日の消費エネルギーのうちの約70%を占めます。
運動に減量効果があることは誰もが知っていますし、実際ダイエットに運動は欠かせません。しかし、運動による消費エネルギーは、普段の軽いトレーニング程度では、それほど多くはありません。
運動によるエネルギー消費よりもむしろ大切なことは、持続的な運動による筋肉の鍛錬にあると言えます。ダイエットに重要な基礎代謝量を左右するのは、その人のもつ筋肉量であるからです。
一般に、運動したから痩せたのだと捉えられがちですが、実のところ運動は、筋肉を増やすために行うものなのです。

筋肉量が増えることにより基礎代謝が高まります。基礎代謝量の上昇こそが、消費エネルギー量の多い体質へと変えてくれるのです。つまりこれが、「太りにくい体」にしていくということなのです。
このように考えると、科学的な方向からダイエットを捉えることができるようです。

【体組成計 左右部位別インナースキャン50V BC620CB】あなたの健康チェックします!コンパクトボディの優れモノ!【これこれ倶楽部】


【PR】





基礎代謝について | 2010-10-30(Sat) 19:45:34 | トラックバック(-) | コメント(-)

基礎代謝とカロリー摂取量について

ここのところ毎回書いていますが、基礎代謝量とは、人間が全く何もしていない状態で、生命維持に必要な活動、つまり呼吸・血液循環・体温維持などに消費されるカロリー の合計です。

1日平均約1200キロカロリーが、最低限必要なカロリー量であると言われていますが、実際の日常生活ではこれよりも多くのカロリーを消費しています。
実際のカロリー消費量は、生活活動強度とも呼ばれる、日常生活での活動量によって変わってきます。

一般的に基礎代謝量は年齢とともに減るものですから、若いときと同じようにカロリー摂取をしていると、燃焼できずに太ってしまうことになります。つまり、年齢とともに摂取するエネルギーを減らすとか、或いは運動をして消費エネルギーを増やす努力が必要ということになります。

それでは単純に、消費カロリーをふやして、摂取カロリーをぐんと減らせばよいのだと考えて良いのでしょうか。

ところが人間の体はよく出来たもので、摂取カロリーを減らすと、これまでのようにエネルギーを使わずに済むのだと、判断するようになり、結果痩せにくくなるのです。

そうならないためには、1日の食事による摂取カロリーは、あくまでも「基礎代謝量」を下回らない様にすることがポイントです。特にダイエット中の食事のりかたについては、綿密な検討が必要でしょう。

インターネット上には、数字を入力することにより、基礎代謝やカロリー計算について判ってくるというサイトもあります。そういったサイトを利用してみると、今まで知らなかったことが詳しくわかってきます。

【体組成計 左右部位別インナースキャン50V BC620CB】あなたの健康チェックします!コンパクトボディの優れモノ!【これこれ倶楽部】


【PR】
たまにはスイーツ^^





基礎代謝について | 2010-10-29(Fri) 20:50:01 | トラックバック(-) | コメント(-)

基礎代謝量を上げるためには

基礎代謝を上げるためには、まず筋肉量が重要な鍵となります。基礎代謝は筋肉量に比例するということがその理由です。

しかし筋肉量を維持するのは、簡単なことではありません。環境の変化、食生活の変化で、気にはしていても運動不足になったり、食事が偏ったり、というような状況になりがちです。そういう生活になると、筋肉量が徐々に少なくなり、基礎代謝も低下するのです。

逆に定期的に運動を続けてさえいれば、筋肉量は維持できます。また筋肉トレーニングなどを加えることで筋肉量は増加します。つまり基礎代謝を増やすための基本となることは、筋肉を増やすトレーニング(筋肉トレーニング)だということが言えます。

一口に筋肉トレーニングといっても、さまざまな方法があります。筋肉量が増加すれば、基礎代謝も上がるのですから、自分に合ったトレーニング法を見つけて楽しく続けたいものです。


基礎代謝は18歳~20歳前後がピークとなり、特に運動などを行わなければ、加齢とともに低下していくことは避けられないことです。

中年と呼ぶべき年齢になってでも、若いときのままの食生活では、体のために良くないのははっきりしています。
しかも日常が忙しいとなると、なかなか思うように運動すら出来ないということもあります。
しかし健康を維持したいのであれば、自分の現状を正しく把握することが必要でしょう。


最近の体重計には、体脂肪や内臓脂肪など詳細に体をスキャンするといったような商品も販売されています。
バランスのよい食事やトレーニングと共に、こういった便利な機器を活用することにより、基礎代謝アップに役立てたいものです。

【体組成計 左右部位別インナースキャン50V BC620CB】あなたの健康チェックします!コンパクトボディの優れモノ!【これこれ倶楽部】


【PR】






基礎代謝について | 2010-10-29(Fri) 06:27:11 | トラックバック(-) | コメント(-)

基礎代謝と年齢・身長との関係

基礎代謝とは、人が生きて行く上で必要最低限のエネルギーのことを言います。

人は横になって安静にしていても、心臓はもちろん、体温を維持する等のために筋肉や臓器が活動しているので、その分エネルギーを消費します。このエネルギーの量が「基礎代謝量」です。

この基礎代謝量は、1日の「総消費エネルギー量」の内、約70%を占めています。
そしてそれは、生後、成長とともにに高くなり、18歳から20歳前後をピークとして、その後は徐々に減っていきます。

若い人のほうが、そして男性のほうが高い傾向にあり、女性は男性より基礎代謝は低い傾向にあります。

女性は妊娠・出産という大切な役目があるため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えており、筋肉量が少ないことがその理由です。

そして個人差はありますが、一般に40歳を過ぎると急激な下降線をたどります。これは、加齢による筋肉の衰えと減少のためです。

つまり年齢により、基礎代謝量は変化するということなのです。

基礎代謝量は、身長や体重といった体格の大きさに関係するのではなく、筋肉量に影響します。

同じ体重で身長も同じ人が二人いるとしても、その二人の基礎代謝量には違いが出てきます。つまり筋肉の量が多い人の方が基礎代謝が高いのです。

よって筋肉量の多い人の方が、どんどんエネルギーが消費されて、脂肪が蓄積しにくいという傾向があります。

逆に基礎代謝が低い人の方は、エネルギーを消費できず余ったエネルギーが脂肪として体内に蓄積されやすいということです。

【体組成計 左右部位別インナースキャン50V BC620CB】あなたの健康チェックします!コンパクトボディの優れモノ!【これこれ倶楽部】



【PR】





基礎代謝について | 2010-10-27(Wed) 10:46:58 | トラックバック(-) | コメント(-)

基礎代謝の基準値

基礎代謝基準値というのは、体重1kgあたりの基礎代謝量(kcal)の値のことです。

これは男女別、年齢別で決まっています。

男性では、年齢1歳~2歳は、61.0。3歳~5歳は、54.8。
6歳~8歳は、44.3。9~11歳は37.4.12~14歳は、31.0。
15歳~17歳では27.0。18~29歳は24.0。30~49歳は22.3。
50歳以上については、21.5というように決まっています。

女性の場合も同じように、年齢1歳~2歳は59.7。3歳~5歳は52.2。
6歳~8歳は、41.9。9~11歳は34.8。12~14歳は、29.6。
15歳~17歳では、25.3。18歳~29歳は23.6。30歳~49歳は、21.7。
50歳以上については20.7。


例として、40歳で50キロの体重の男性ならば、基礎代謝量は、
<体重×基準値>ですから、「50×22.3=1115」となります。

これが、40歳で50キロの体重の女性ならば、「50×21.7=1085」という数字になります。


このように基礎代謝基準値は、年齢と性別によって違います。そして、男女とも基礎代謝量というのは、10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下します。


また、上記の通り計算はできても、基準値の年齢の幅が広いので、かなり大ざっぱな数値といえるかもしれません。


しかし、標準摂取カロリーというものを考えるときには、この基礎代謝基準値が必要です。

また、ダイエットを行う際、カロリーコントロールを必要とする時には、基準となる数値から計算した摂取量を目安にします。

【体組成計 左右部位別インナースキャン50V BC620CB】あなたの健康チェックします!コンパクトボディの優れモノ!【これこれ倶楽部】


【PR】
カゴメ 野菜一日これ1本 紙パック 200ml×24本入りAKB48キャンペーンシーツ付





基礎代謝について | 2010-10-26(Tue) 18:10:10 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © ダイエットについて色々と・・・ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。