大推薦!全く新しいコンセプトによるダイエット法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

基礎代謝の平均値

前回お話ししたことからわかる通り、基礎代謝量とは人間が何もし
ていない時、ただ生命を維持するためだけに必要とするエネルギー
量のことを言います。


基礎代謝量は、<基礎代謝基準値>×<体重>で求められます。

厚生労働省の日本人の食事摂取基準の表では、1歳から70歳以上の
各年齢の、男女別の平均体重が表示されているので、それを参考に
計算することが出来ます。

低年齢での基礎代謝量は、男女ともに700~1000kcalとされており、
15~17歳へむけて、基礎代謝量は増えていきます。
成人男性の平均は1500kcalで、成人女性の平均が1200kcalです。

しかしこれらの数字は、あくまでも基礎代謝量の平均値ですから、
自分の基礎代謝量を知ることが大切であることは言うまでもありま
せん。

いくつかのメーカーから販売されている、基礎代謝量を計ることが
できる体脂肪計のような便利な道具を使うことにより、自分の基礎
代謝量は平均よりも多いのか、或いは少ないのかを確実かつ簡単に
知ることができます。


そしてもうひとつ大事なことは、年齢が上がっても、基礎代謝を上
げていくことは可能だということです。

基礎代謝が使われる部位としては、筋肉が最も多く38%、次に多い
のが肝臓で12.4%、そして胃腸7.6%…といった順番です。

内臓の運動量を増やすなんてことはできませんが、よりたくさんの
筋肉をつけることで、基礎代謝全体の量を増やし、消費エネルギー
の量を上げることが可能となります。つまり燃焼しやすい体作りが
大切だということです。

まずは基礎代謝量の平均を知り、自分の管理に繋げていきましょう。

【体組成計 左右部位別インナースキャン50V BC620CB】あなたの健康チェックします!コンパクトボディの優れモノ!【これこれ倶楽部】





スポンサーサイト
基礎代謝について | 2010-09-18(Sat) 02:28:01 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © ダイエットについて色々と・・・ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。