大推薦!全く新しいコンセプトによるダイエット法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

バナナダイエットの効果的なやり方

バナナダイエットのやり方は、朝のご飯をバナナに変えるだけです。
バナナダイエットの目的は、カロリーコントロールにあるので、昼と夕方の食事は普通に食べます。
ただしバナナ以外の食事内容には気をつけて、さらに運動も心がけなければなりません。

どんなに健康にいい食べ物でも、大量に食べ過ぎてはいけません。
とはいえ、やみくもな食事制限だけがダイエットではありません。
今までの食事内容を見直し、高カロリー食材から低カロリー食材に切り替える
ことにより満腹感を維持させます。

空腹感からイライラが募ってはダイエット効果も半減です。バナナにはヒスチジン
という成分が含まれており、これはストレスを減らし、イライラを軽くする効果が期待されるものです。
食べるだけでイライラ防止になるのですから、バナナパワーの底知れなさがわかります。

バナナダイエットでは、なるべく遅くならない時間に夕食を摂ることと、水をまめに飲むことが大事です。

この方法なら、どんな人でも簡単に取り組むことができると思います。
このようにバナナダイエットは手軽なダイエット方法です。
朝バナナだけではなく、運動も忘れずにしましょう。

因みにバナナは室温での保存が向いています。
バナナの弱点は傷みやすいことで、特に物に接しているとエチレンガスの
作用で傷が早くなるため、バナナハンガーなどで吊しての保存が理想的です。

ただ、バナナは皮が黒くなってしまっても、中は白いままということが多い果物です。
外見だけで見限ってしまわず、皮を剥いてきちんと中を確認してみるといいでしょう。

バナナスタンド【こだわりキッチン「プロの道具屋さん」】




スポンサーサイト
バナナダイエット | 2010-04-01(Thu) 20:09:11 | トラックバック(-) | コメント(-)

バナナを食べるなら朝

バナナをダイエットに効率よく使うダイエット方法として、朝起きた後に
1本のバナナを食べる朝バナナダイエットというものがあります。
朝にバナナを食べることにはちゃんと意味があります。
好きな時間に食べてもいいのですが、朝に食べる理由があります。

朝食をとらない人は、午前中、頭の働きが悪く、体の動きも悪いという
結果が出ているそうです。
朝食は1日の活力源といいます。夜、休んでいる間もエネルギーは消費
されるため、体のためにも起床後にきちんとエネルギーを取らなければ
いけません。
体のことを考えるならば、通常時でもダイエット中でも、朝ご飯はしっかり
食べましょう。
十分な栄養を体内に摂取するならバナナはぴったりですし、カロリー量も
少なく済ませることができます。
腹持ちがよい上にカロリーが高くないことがバナナの強みです。
1本90カロリー程度なので、ダイエット中の食事にはうってつけです。

また、意外なことにバナナの水分は重量の60~70%なので、水分補給も可能です。
便秘対策はダイエットに必要です。その点、バナナは食物繊維が豊富なので
腸の改善に期待できます。
眠っている体を目覚めさせ、すっきりとした一日を過ごすこともダイエットには
必要なことです。

ダイエットでは甘いものを食べることに抵抗がありますが、バナナは適度な
甘味があるので嬉しい存在です。
体によく、精神的なストレスも少ないバナナダイエットで、楽しくダイエットを続けましょう。



バナナダイエット | 2010-04-01(Thu) 15:00:36 | トラックバック(-) | コメント(-)

バナナはダイエット向きの食材

バナナを活用したダイエット法があります。どうして効果があるのでしょうか。

実はバナナには、豊富な栄養と多くの植物繊維が含まれており、
その上に低カロリーであるため、非常にダイエットむきの食材なのです。

ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。
つまり食事の量を減らすか、あるいは運動の量を増やすかということです。

とは言え、何事も極端はよくありません。
極限まで食事の分量を少なくしたり、長時間の激しい運動を続けることは
悪影響にしかなりません。
ダイエットでは、カロリー量をきちんと調整することが大事なことで、
精神的なストレスになるような強引なダイエット法は当然長く続きはしません。

バナナはこの難題をうまくクリアしてくれます。

バナナのカロリーは高いという印象をお持ちかもしれません。
一般に、体調の悪い時や運動前にはバナナがいいとされているからです。
しかし実は、バナナは思ったよりもカロリーは高くありません。
病気の時や運動時にバナナでのカロリー摂取がいいというのは、
バナナの糖質は長い時間にわたってエネルギーが吸収され続ける
ためなのです。

つまり、バナナに含まれている糖類がエネルギーとなるタイミングが、
他の食材とは違うからなのです。

バナナがダイエットに向いているのは、食物繊維やカリウムをはじめ
とするたくさんの栄養を含有する点にもあります。
他にもビタミンやナイアシンなども含んでいます。
食事の制限をしながら栄養バランスを調整するには、バナナはとても
便利な食べ物なのです。



バナナダイエット | 2010-04-01(Thu) 07:54:46 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © ダイエットについて色々と・・・ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。