大推薦!全く新しいコンセプトによるダイエット法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

豆乳ダイエットはバリエーションが豊富

ダイエット方法には様々なのがありますが、中には豆乳を使うものもあります。
豆乳ダイエットというダイエット法は、たくさんアレンジ出来るのが特徴です。

ジュース又は果物を混ぜる豆乳ダイエットの方法があります。
例えば豆乳バナナダイエットが人気です。
皮をむいたバナナ1本と豆乳をミキサーにかけるだけです。
出来たジュースのバナナの変色が気になる方は、
ミキサーを回す前にレモン汁を加えましょう。
健康ジュースやココアを豆乳バナナドリンクに加えても
美味しく飲むことができます。

にんじんやほうれん草を茹でて一緒にミキサーにかけてもいいですし、
プロテインやきなこでダイエット効果を高めるという方法もあります。
どれも栄養価が高く美肌効果がある物ばかりです。

パイナップル豆乳やキウイ豆乳によるダイエット方法もあります。
キウイやパイナップルをバナナの代わりに使う時は、ミキサーにかける
ことは同じですが、作ってから30分とほどおきましょう。
パインやキウイには、たんぱく質分解酵素という物質が含まれています。
この成分が豆乳に含まれているたんぱく質に作用し、たんぱく質を分解して
ペプチドにする時間を確保するために、作ってから30分ほど待つ方法が勧められているのです。

豆乳を加熱して豆乳ダイエットに使うという方法もおすすめです。
ショウガ入りの豆乳紅茶はどうでしょうか。
おろししょうがと温めた豆乳を紅茶に注ぐことで、体を温めて代謝効率も
アップさせることが期待できます。

またコーヒーが好きな方は、カフェラテの牛乳を豆乳に変えてソイラテにしてみましょう。
ソイラテは、カフェラテよりもさらっとした味わいで、コーヒーの味が際だつダイエット向きの飲み方です。

このように豆乳ダイエットは、混ぜる飲み物を変えたり、飲み方を変えたりするなどで変化をつけることができます。





スポンサーサイト
豆乳ダイエット | 2010-03-02(Tue) 18:25:06 | トラックバック(-) | コメント(-)

豆乳のダイエット効果とは

効果的なダイエットに豆乳は役立つのでしょうか。

効果的なダイエットに豆乳がいいとされているのは、大豆を利用した豆乳以外の
食品と比べ、液体で体内に取り込みやすいことがあげられます。
畑のお肉とよばれ栄養豊富な大豆ですが、そのままでは効果的に吸収はされません。
元々、大豆の成分にはダイエットに効果的なものがふんだんに存在していますが、
それらを効果的に活用できるの飲み物が豆乳です。
効果的なダイエットを行うには、朝起きてから食事前に豆乳を摂取し、豆乳に含まれる
成分を体内に取り込みましょう。

コンビニやスーパーなどですぐに手に入る豆乳を、ダイエットに活用するのは
とても効果的な方法です。
健康維持の目的で牛乳か豆乳かを迷っている方は、ご自分の必要な栄養素が
より多く含まれる方を摂取しましょう。

鉄分を摂取したい方や、脂質やコレステロールの摂取が気になる方には豆乳がお勧めです。
日頃の食生活でカルシウムの摂取量が足りていないと感じている方は牛乳を選びましょう。
牛乳や乳製品に含まれるカルシウムは、他の食品より量が多く体内への吸収も効果的です。

牛乳と豆乳は両方とも優秀な健康飲料ですから、自分の現在の状況に合わせて、
最も合うと思うものを摂取してください。
冬場は温めて飲むととてもおいしく飲めます。

ダイエット効果を期待できるものは豆乳の方ですので、体重を減らしたい人は豆乳を
利用するといいでしょう。
豆乳はボリュームがありますので、食事量の抑制効果もあります。




豆乳ダイエット | 2010-03-02(Tue) 12:15:03 | トラックバック(-) | コメント(-)

豆乳ダイエットと栄養素

まずは豆乳の栄養素を見てみましょう。

豆乳とはゆでた大豆を破砕し煮出して絞った液体を指します。
豆乳の原形であり畑の肉と呼ばれる大豆は、ローカロリーでありながら、
バランス良く良質の栄養素を豊富に含む自然健康食品の代表選手です。
豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素を含んでいるので、ダイエットの強い味方なのです。

大豆タンパクと大豆イソフラボンという成分が豆乳に含まれる主要な栄養素です。
大豆タンパクは代謝促進効果があり、その効果を大豆イソフラボンが補強してくれています。

大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと非常に似通った性質と作用を持ち合わせています。
血中コレステロール濃度を整え、ダイエットの助けとなるのが大豆イソフラボンです。
ダイエット中に大豆イソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスを安定させます。
大豆に含まれているイソフラボンは有名ですが、イソフラボン自体は他の植物にも入っています。しかし、とりわけ大豆の含有量は突出しています。

大豆に含まれている主要な栄養成分としては、他にレシチンや大豆サボニン、大豆ペプチドなどがあります。
大豆サポニンは、脂肪や糖質の吸収を遅らせてくれる成分です。
一方、大豆ペプチドは食事後のカロリー消費を促進させ、体脂肪を燃焼させてコレステロール低下に作用します。
レシチンは大豆の脂質分に存在しており、善玉コレステロールを増やし動脈硬化を予防します。





豆乳ダイエット | 2010-03-02(Tue) 08:59:42 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © ダイエットについて色々と・・・ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。